与謝野晶子

      「君死にたまふことなかれ」   
                   与謝野 晶 子

あゝをとうとよ、君を泣く、
君死にたまふことなかれ、
末に生れし君なれば
親のなさけはまさりしも、
親は刃(やいば)をにぎらせて
人を殺せとをしへしや、
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや。

堺の街のあきびとの
旧家をほこるあるじにて
親の名を繼ぐ君なれば、
君死にたまふことなかれ、
旅順の城はほろぶとも、
ほろびずとても、何事ぞ、
君は知らじな、あきびとの
家のおきてに無かりけり。

君死にたまふことなかれ、
すめらみことは、戰ひに
おほみづからは出でまさね、
かたみに人の血を流し、
獣の道に死ねよとは、
死ぬるを人のほまれとは、
大みこゝろの深ければ
もとよりいかで思(おぼ)されむ。

あゝをとうとよ、戰ひに
君死にたまふことなかれ、
すぎにし秋を父ぎみに
おくれたまへる母ぎみは、
なげきの中に、いたましく
わが子を召され、家を守り、
安(やす)しと聞ける大御代も
母のしら髮はまさりぬる。

暖簾(のれん)のかげに伏して泣く
あえかにわかき新妻を、
君わするるや、思へるや、
十月(とつき)も添はでわかれたる
少女ごころを思ひみよ、
この世ひとりの君ならで
あゝまた誰をたのむべき、
君死にたまふことなかれ。
--------------------------------------------------------------------------------
※この詩を発表したのは、日露戦争のさなかである。与謝野晶子の家には、「国賊」「非国民」と石が投げ込まれたという。非常に芯の強い人である。国民が総じて戦争に向かっている時に、堂々と戦争反対と言えたことに敬服する。詩も傑作である。中学二年生の時、この詩を読みとても感動した。それは、今も少しも変わらない。
 今の日本はどうだろうか、集団的自衛権だ何だとなし崩しにしているような気がする。政治を注視しないと、気が付いた時どうしようもない状況に陥ってしまう。人を殺し他国を侵略するなど人間の最も愚かな行為だ。
        平成27年3月15日 記