山上憶良

        山上憶良

憶良らは 今は罷(まか)らむ 子泣くらむ それその母も 吾を待つらむそ
   (一説に)
  「憶良らは今は罷らむ子泣くらむそを負ふ母も吾を待つらむそ」
瓜食めば 子供念(おも)ほゆ 栗食めば まして偲(しの)はゆ 何処(いづく)より来たりしものぞ 眼交(まなかい)にもとな懸りて 安眠(やすい)し寝(な)さぬ
銀(しろがね)も 金(くがね)も玉も 何せむにまされる宝子に如(し)かめやも
-----------------------------------------------------------------------------
※子どもは、このように守られ大切にされるべきものなのに、親になりきれない大人が子どもを虐待する。3歳までに子どもは親に恩返しをしているそうだ。子どもは、国の宝だ。それを、社会が全ての大人が認識しなければならない。
           平成27年3月7日 記



        貧窮問答歌
                 山上憶良

風雑(まじ)り 雨降る夜(よ)の 雨雑り 雪降る夜はすべもなく 寒くしあれば 堅塩を取りつづしろひ糟湯酒(かすゆさけ) うち啜(すす)ろひて 咳(しはぶ)かひ 鼻びしびしにしかとあらぬ 髭(ひげ)掻き撫でて 吾(あれ)をおきて人はあらじと誇ろへど 寒くしあれば麻衾(あさふすま) 引き被(かがふ)り布肩衣(ぬのかたきぬ) ありのことごと着襲(そ)へども寒き夜すらを我よりも貧しき人の父母は飢ゑ寒からむ妻子(めこ)どもは 乞ひて泣くらむ この時はいかにしつつか汝が世は渡る

天地は 広しといへど 吾(あ)が為は 狭(さ)くやなりぬる 日月は 明しといへど吾が為は照りやたまはぬ人皆か吾のみやしかるわくらばに人とはあるを人並に吾も作るを 綿も無き 布肩衣の海松(みる)のごと 乱(わわ)け垂(さが)れる かかふのみ 肩に打ち掛け 伏廬(ふせいほ)の 曲廬(まげいほ)の内に 直土(ひたつち)に藁(わら)解き敷きて 父母は 枕の方に 妻子どもは 足(あと)の方に 囲み居て 憂へ吟(さまよ)ひ 竈(かまど)には 火気(けぶり)吹き立てず 甑(こしき)には 蜘蛛の巣かきて 飯(いひ)炊(かし)く ことも忘れて  ぬえ鳥の のどよび居るに いとのきて 短き物を 端切ると 云へるが如く 笞杖(しもと)執る 里長(さとをさ)が声は 寝屋処(ねやど)まで 来立ち呼ばひぬ かくばかり すべなきものか 世間(よのなか)の道

【口語訳】
 風にまじって雨が降る夜、雨にまじって雪が降る夜は、どうしようもなく寒いので、堅塩をつまんで嘗めながら、糟湯酒をずるずる啜って、しきりと咳き込み、鼻をぐずぐずいわせて、ろくにありもしない髭を撫でさすって、俺ほど立派な人物はいるものかと、威張ってみるが、やっぱり寒いので、麻の布団をひっかぶり、布の袖無しをありったけ重ね着するけれども、それでも寒い夜、私よりも貧しい人の父母はさぞやひもじく凍えているだろう。妻子たちは物をせがんで泣いていることだろう。こんな時は、どう工面しながらあなたはこの世をしのいでいるのか。

 天地は広いというが、私にとっては狭くなってしまったのだろうか。日と月は明るいというが、私にとっては照ってくれぬのか。皆そうなのか、私だけそうなのか。運良く人と生まれたのに、人並に働いているのに、綿も入っていない布の袖無しの、海松(みる)のように破れて垂れたぼろだけを肩にかけて、ひしゃげた小屋の中、地べたにほぐした藁を敷いて、父母は枕の方に、妻や子は足の方に、身を寄せあって、不平をこぼしたり呻いたりして、竃には火の気もなく、甑には蜘蛛の巣がかかって、飯を炊くことも忘れて、ひいひい弱音を吐いていると、「ただでさえ短い物を、さらに加えて端をさらに切る」という諺どおりに、笞を持った里長の声は、寝屋にまで来てわめきたてている。こんなにも詮方ないものか、この世を生きる道とは。
-----------------------------------------------------------------------------
※農民の貧しい生活に目を向けた特筆すべき長歌である。山上憶良は、そのほかにも子や妻などを対象にして短歌を詠んでいる。660年頃の生誕であるから、1400年前くらいになるが、その作品は少しも色褪せることがない。
            平成27年3月6日 記