山口 誓子

      山口誓子

学問のさびしさに堪へ炭をつぐ
無花果のゆたかに実る水の上
ピストルがプールの硬き面(も)にひびき
スケートの紐結ぶ間もはやりつつ
大根を刻む刃物の音つづく
蟋蟀が深き地中を覗き込む
悲しみの極みに誰か枯木折る
寒月に水浅くして川流る
臼をひきやみし夜寒の底知れず
--------------------------------------------------------------------------------
※研ぎ澄まされた視覚と聴覚を駆使した山口誓子は、昭和俳句の代表者である。勉強するときの一つの姿として、「学問の・・・」は説得力がある。
                平成27年4月2日 記