高見 順

       不 安
          高見順

     僕は不安で堪らない
     僕がサナトリュームにゐる間に
     家に置いてきた子猫が
     僕を忘れてしまひはせぬか

     今の僕は小説を書くことを忘れ
     小説からも忘れられるかもしれないことを
     そんなに不安に感じてないが
     ただこれだけが僕には気がかりだ

     人生の事柄のなかには
     見たところ下らない事柄のやうで
     その根はひそかに深く人生の悲しみに通じてゐる
     さういふ馬鹿にならないものがあるが

     僕にはその一種と思へてならぬ
     僕の好きな好きな子猫が
     僕をあんなに慕つた子猫が
     僕をケロリと忘れてしまふ悲しみ
-------------------------------------------------------------------------------
※他人には、心の内は分からない。価値観も様々である。だから、生き方について、他人がとやかく言うことではない。
 ところで、私がかつて新宿で働いていた頃、ある家を担当していた。その時、すらりとした女子高校生が帰宅してきた。母親が、「彼女の父親は、高見順よ。」と言った。驚いて定期証書を見ると「高見恭子」と記されてあった。その後、彼女は芸能界で活躍するようになった。現在の文部科学省の大臣は、彼女の夫である。
       平成28年4月30日 記