防人の歌

              万葉集       
                 防人の歌

韓衣(からころも)裾に取りつき泣く子らを置きてそ来ぬや母(おも)なしにして
父母が頭(かしら)かき撫で幸くあれていひし言葉(けとば)ぜ忘れかねつる
防人に行くは誰が背と問ふ人を見るが羨(とも)しさ物思ひもせず
わが妻はいたく恋ひらし飲む水に影さへ見えて世に忘られず
我(あ)が面(もて)の忘れもしだは筑波嶺を振り放(さ)け見つつ妹は偲はね
----------------------------------------------------------------------------
※防人とは、唐が攻めてくるのではないかとの憂慮から、九州沿岸の防衛のため設置された辺境防備の兵のことである。もとは岬守(みさきまもり)と呼ばれたが、これに唐の制度である「防人」の漢字を当てた。 防人は厳しい任務であり、遠い東国から九州までを自力で移動せねばならず、さらにその任務期間中の兵は食糧も武器も各自で調達した。また、税の免除も行われなかったため、兵士の士気は低かったという。そのような状況で作られたのが防人の歌である。両親を子を妻を思う気持ちの出でいる素朴な歌が多い。兵役が解かれ故郷に帰参する際に命を落とすものも多く、まさに防人に行くときは今生(こんじょう)の別れであった。
        平成27年7月24日 記