尾崎放哉

     尾崎放哉

咳をしても一人
墓のうらに廻る
足のうら洗えば白くなる
こんなよい月を一人で見て寝る
一人の道が暮れて来た
障子しめきつて淋しさをみたす
にくい顔思ひ出し石ころをける
犬よちぎれるほど尾をふつてくれる
児に草履をはかせ秋空に放つ
あるものみな着てしまひ風邪ひいている
人を待つ小さな座敷で海が見える
雀のあたたかさを握るはなしてやる
-------------------------------------------------------------------------------
※自由律俳句(季語や定型にこだわらない俳句)の代表的俳人。種田山頭火と並び称される。心の有り様を率直に表現していることに共感を覚える。個人的には、有季定型の俳句が好きだが、種田山頭火も尾崎放哉も興味深い。
        平成28年12月11日 記