大野林火(おおのりんか)

       大野 林火

  あをあをと空を残して蝶分れ
  百日紅(さるすべり)この叔父死せば来ん家か
  どくだみの花いきいきと風雨かな
  野分きし翳(かげ)をうしろに夜の客
  本買へば表紙が匂ふ雪の暮
  とほるときこどものをりて薔薇の門
  カステラが胃に落ちてゆく昼の秋
  あけがたやうすきひかりの螢籠
  ねむりても旅の花火の胸にひらく     
-------------------------------------------------------------------------------
※大野林火の俳句は、抒情的でかつ視覚的にも美しい。
        平成28年5月3日 記