野沢凡兆(のざわぼんちょう)

        野沢 凡兆

古寺の簀子(すのこ)も青し冬がまゑ
門前の小家もあそぶ冬至哉
ながながと川一筋や雪の原
竹の子の力を誰にたとふべき
世の中は鶺鴒(せきれい)の尾のひまもなし
蔵並ぶ裏は 燕のかよひ道
捨舟のうちそとこほる入江かな
禅寺の松の落葉や神無月
市中(まちなか)は物のにほいや夏の月
-------------------------------------------------------------------------------
※江戸時代前期の俳諧師。松尾芭蕉に師事したが後に離れる。写実的な句を得意とする。その情景が浮かぶような句ばかりである。
          平成27年12月16日 記