内藤鳴雪

     内藤鳴雪

矢車に朝風強き幟(のぼり)かな
わが声の吹きもどさるる野分(のわき)かな
夏近き吊手拭(つりてぬぐい)のそよぎかな
貰ひ来る茶碗の中の金魚かな
朝立や馬のかしらの天の川
春雨や酒を断ちたるきのふけふ
雀子(すずめこ)や走りなれたる鬼瓦
-------------------------------------------------------------------------------
※「めいせつ」と読ませるが、「ナリユキにまかせる」の意を込めたと言うから洒落が利いている。これくらいの心のゆとりをもちたいものである。
            平成27年6月19日 記