服部 嵐雪(はっとりらんせつ)

          服部嵐雪

   蒲団きて寝たる姿や東山
   むつかしき中に香もありばらの花
   初鰹盛ならべたる牡丹かな
   洛外の辻堂いくつあきの風
   痩る身をさするに似たり秋の風
   老ひとつこれを荷にして夏衣
   むめ一輪一りんほどのあたたかさ
   木がらしに梢の柿の名残かな
   正月も廿日に成て雑煮哉
   来て見れば沢庵漬の石一つ
   この下にかくねむるらん雪仏
-------------------------------------------------------------------------------
※松尾芭蕉が「草庵に桃桜あり。門人に其角嵐雪あり。」と称えたように、その才能は、宝井其角と拮抗していた。何事にもこだわらず、恬淡とした生き方はその作品にも現れ、平易で分かり易い。「老ひとつこれを荷にして夏衣」老いを肯定した生き方に憧れる。「むめ一輪一りんほどのあたたかさ」が特に有名である。
         平成30年7月3日 記