永井 隆

          永井 隆

新しき朝の光のさしそむる荒野(こうや)に響け長崎の鐘
燔祭(はんさい)の炎の中に歌いつつ白百合おとめ燃えにけるかも
  燔祭・・・古代ユダヤ教における最も古く、かつ重要とされた儀式。
       いけにえの動物を祭壇上で焼き、神にささげた。
傷つける友をさがして火の中へとび入りしまま帰らざりけり
いのちありてここに吾ありて御礼を申す今日のよき日に
青草の茂みがなかにおもうかなはかりしられぬ神のみむねを
原子雲の下に生きたる子供らが平和をとさけぶ声をこそ聞け
亡き母のために祈りし子を夢路に母と合わせたもうらし
幼子は母の口ぐせそのままをこけし抱きしめ言い聞かせおり
いけにえをやきたる焔しずまりて荒野に呼ばはる人の声あり
         
         
平成26年11月3日撮影
--------------------------------------------------------------------------------
※永井隆は、昭和20年8月9日、長崎市に原子爆弾が投下されたとき、長崎医大の診察室にて被爆し重傷を負ったが、自らの傷も省みず救護活動に当たった。妻は、その時爆死している。晩年は、2畳ほどの「如己堂(にょこどう)」で病と闘いながら診察と執筆に専念した。平和を願う心がひしひしと伝わってくる短歌である。
 8月6日は広島、8月9日は長崎に原子爆弾が投下された日であり、鎮魂の日が続く。昨年7月に国連で採択された核兵器禁止条約に、世界でただ一つの被爆国の日本が参加しなかった。多くの国々が不審に思ったことだろう。それでもたくさんの被爆者が、核廃絶を訴えていた。国として声を上げることが、日本の進む道ではないのか。広島、長崎の悲惨さを噛みしめて核廃絶に尽力してほしい。
            平成30年8月6日 記