向井去来

          向井去来

   立ありく人にまぎれてすゞみかな
   か ゝる夜の月も見にけり野辺送
   故郷も今は仮寝や渡り鳥
   柿主やこずゑは近きあらし山
   木枯の地にも落さぬしぐれ哉
   旅人の外は通らず雪の朝
-------------------------------------------------------------------------------
※京都嵯峨野の落柿舎(らくししゃ)に住んでいた。静閑な地は、旅愁を感じさせる。そこを訪れた松尾芭蕉は、「五月雨や色紙へぎたる壁の跡」と詠んでいる。去来は、蕉門十哲の一人。                 
           
                落柿舎 平成27年6月撮影
            平成27年12月11日 記