川端茅舎

    川端茅舎(ぼうしゃ)

  ひろびろと露曼陀羅の芭蕉かな
  紺碧のつらつら打ち落つ華厳かな
  雪満ちて華厳の煙あたたかき
  金剛の露ひとつぶや石の上
  白露に阿吽の旭さしにけり
  一聯(いちれん)の露りんりんと糸芒(いとすすき)
  春の夜や寝れば恋しき観世音
  からくりの鐘うつ僧や閻魔堂
 -------------------------------------------------------------------------------
※新しき村への参加、画家を目指して岸田劉生に師事、倉田艶子(「出家とその弟子」の作者、倉田百三の妹)との激しい恋、カリエスの発症と、その生涯はあまりにも詩的であった。  
             平成27年4月8日 記