飯田 蛇笏(いいだだこつ)

       飯田蛇笏

  芋の露連山影を正しうす
  をりとりてはらりとおもきすすきかな
  なきがらや秋風かよふ鼻の穴
  たましひのしづかにうつる菊見かな
  もつ花におつるなみだや墓まゐり
  信心の母にしたがふ盆会(ぼんえ)かな
  死病得て爪うつくしき火桶かな
  くれなゐのこころの闇の冬日かな
  くろがねの秋の風鈴鳴りにけり
  誰彼もあらず一天自尊の秋
  いんぎんにことづてたのむ淑気かな
  かりそめに燈籠おくや草の中
  ふるさとの雪に我ある大爐(たいろ)かな
  ゆく雲にしばらくひそむ帰燕かな
  わらんべの溺るるばかり初湯かな
  冬川に出て何を見る人の妻
  冷やかに人住める地の起伏あり
  切株において全き熟柿かな
  古き世の火の色うごく野焼かな
  秋立つや川瀬にまじる風のおと
  鰯雲大いなる瀬をさかのぼる
  よもすがら秋風聞くや裏の山
--------------------------------------------------------------------------------
※飯田蛇笏は、故郷山梨に籠もり富士山を友として格調の高い句を作り続けた。「芋の露・・・」「をりとりて・・・」「くろがねの・・・」などは絵画的で、その情景を脳裏に浮かべるのに容易である。 「なきがらや・・・」「信心の・・・ 」「もつ花に・・・」などお盆になるといつも思い出す。第二次世界大戦で長男と三男を失い、次男も病死という悲しみを背負いつつ俳句を作り続け、独特の世界を構築した。
 芥川龍之介は、「死病得て・・・」に感銘を受けて以後蛇笏に傾倒、自身でも「労咳の頬美しや冬帽子」のような俳句を作った。「たましひの・・・」の句は、その芥川の死に寄せて詠んだ追悼句である。
        平成30年8月15日 記